らんぽた run , pottering and so on

マラソンとロードバイク COLNAGO C64 でのお出かけ記録を中心に、趣味や旅行、食べ歩きなどを書いています。

【COLNAGO C64インプレ】組み上がったので試走してきました。

組み上がった、C64に乗ってきました!!

今日は、初めてなので試走程度に家の周りを1時間ほど走っただけですが、感動でした!!

ずっと憧れだったフレームだけに、そして完成まで待ちに待っただけに、その感動も一入です。

神戸女学院の坂を登って関学まで登って行って、山陽新幹線記念公園などを回りながら帰ってくるコース。

高速で走る区間が無いですが、坂を中心に平坦な道も加えて感触を確かめました。

 

f:id:codyrun:20200808181508j:image
f:id:codyrun:20200808181505j:image

記念すべき1枚目は、公園で新幹線と一緒に。

上手く撮りたかったけど、難しいですね。

 

以下は、私が初めてCOLNAGO C64に乗って感じた感想です。

あくまで素人の感覚ですので、その点はご注意ください。

 

まず、仕様です。

フレーム:COLNAGO C64リムブレーキ

ホイール:レイノルズ アタック

コンポ:デュラエース9000系アルテグラ8000系のミックス di2

ブレーキ:アルテグラ(ダイレクトマウント)

ハンドル:チネリ ネオモルフェ

今まで乗っていたSCOTT FOILからフレームとブレーキのみの変更です。

 

走ってみて感じたキーワードは、「安定感」です。

今まで乗っていたFOILとは、この点で格段に違います。

どんな場面でも、すごく安定しているので、走りやすいです。

 

まずは20km/h以下での走行。

街乗りではよくある速度域です。

発進からFOILの様にグンッ、ギュイーンと速度が伸びるなんてことはないですが、安定感が抜群。

スーッと伸びていく感覚でした。

25km/hを超えたあたりからは、加速も走りも気持ち良いです。

(繰り返しになりますが、あくまで私の感覚です。)

 

ハンドリングは、「直進安定性が高い反面、曲がりづらい」と聞いていたのですが、直進安定性はその通りとして、素人の私でも思った通りにスッと曲がってくれました。

ダウンヒルになると私レベルでは、そうはいかないかも知れませんが、ひとまず唯一の心配が無くなりました。

(下りは攻めずにゆっくり下りるのでよし。)

 

振動吸収は、荒れた道を今回は走っていないので分からないですが、小さい振動レベルでは、FOILよりもマイルドです。(FOILも十分マイルドですがそれ以上。)

 

坂道は、FOILの様に軽くはないので武器にはならない感じがしました。それでも、ペダリングはしやすく、シッティングでもダンシングでも、安定感抜群で登りやすかったです。

 

フレームの特性として、エアロ効果は望み薄ですが、風が無い中で、高速で走ったわけでも無いので、全く気になりませんでした。

 

これから、乗りながら新しい魅力を発見していくのが楽しみです。

この盆休み中は、早起きして毎日乗りたいと思います。

楽しみだー!

 

f:id:codyrun:20200808195405j:image