らんぽた run , pottering and so on

マラソンとロードバイク COLNAGO C64 でのお出かけ記録を中心に、趣味や旅行、食べ歩きなどを書いています。

梅雨入り前の坂登りと、自分でプチオーバーホール

5時に起きて自転車に跨って向かうのは、いつもの坂。

今日も鷲林寺に向けて登ります。

 

f:id:codyrun:20210516121248j:image

 

登りきって、甲山森林公園でひと休み。

今日のタイムは16分16秒46!!

先週から自己ベストを1分50秒更新です!!

毎回「登れば自己ベスト」を繰り返すうちに、2ヶ月でタイムが半分になりました。笑

まだまだいけそう!


f:id:codyrun:20210516120804j:image

 

最初は足をついてしまった坂も、今では少々物足りなさも感じるようになってきました。

ただ、近畿も梅雨入りしたので、しばらくは登れないかな。

毎回自分の成長が楽しみなので、梅雨明けにまた登るのが楽しみです。

 

さて、梅雨入りでしばらく乗れない気がしますし、このフレームを組み立ててもうすぐ一年になるので、ここでオーバーホールをすることに。

自分で組み立てたのだから、オーバーホールも自分で挑戦です。

f:id:codyrun:20210516120818j:image

 

翌朝は雨予報で、早起きする必要もない(早朝から走り出すこともない)ので、夜中の12時に作業開始です。


f:id:codyrun:20210516121700j:image

 

まずは、チェーンを外し、そこからパーツをどんどん外していきます。


f:id:codyrun:20210516120800j:image

 

今回の目標は、

オイルとグリスの注入とブレーキケーブル交換、各パーツの劣化の確認、ネジ類の緩み確認。あとは、綺麗に磨きたい。

というところ。

 

f:id:codyrun:20210516121402j:image

 

分解完了です。

オーバーホールは、パーツを全部分解すべきなのですが、di2関係はバラしても仕方がない気がするので、最低限で留めます。


f:id:codyrun:20210516121419j:image

 

まずは、チェーンの洗浄です。

普段は、取り外さすずにチェーン清掃をしているので、細かいところ、特に内側が気になっていました。


f:id:codyrun:20210516121411j:image

 

今回は、ペットボトルとクリーナーを使ってシャッフルして洗浄します。


f:id:codyrun:20210516121707j:image

 

クリーナーを吹きかけただけでこの液の黒さ。


f:id:codyrun:20210516121406j:image

 

蓋を閉めてシャッフルします。


f:id:codyrun:20210516121518j:image

 

廃液を紙コップに入れたペーパーに流し捨てます。これを二回繰り返して、後はペーパーでチェーンを拭き取ります。


f:id:codyrun:20210516121415j:image

 

かなり綺麗になりました!


f:id:codyrun:20210516121513j:image

 

そんなに大変な作業ではないので、毎回この清掃をしても良いなと思いました。

 

f:id:codyrun:20210516121533j:image

 

普段のメンテナンスもこのコストコのペーパータオルを使っていますが、これがかなり便利でオススメです。


f:id:codyrun:20210516121432j:image

 

さて、あとは各所にグラスを注入していきます。いつも使っているのはシマノのこのグリス。

他を使ったことが無いので比較はできないですが、全く不満なしです。


f:id:codyrun:20210516121428j:image

 

フレームやパーツは、クリーナーで拭いて、水拭き。フレームは最後に仕上げでコーティング剤です。車用ですが、全く問題なく使えています。

私のフレームは、マット塗装ですが、このコーティング剤のおかげか汚れも拭くだけで落ちやすいです。


f:id:codyrun:20210516121358j:image

 

あと、このフレームを買う前にマット塗装は、汚れやすいや傷がつきやすいなどとよく聞きましたが、少なくともこの一年は全然そんなことはないです。


f:id:codyrun:20210516121425j:image

 

大事に大事に使ってることもありますが、傷がつきやすい輪行をしていても未だに目立つ傷がほとんどありません。

と、ここで眠くなったので、今日の作業は終了。(深夜3時)

 

翌朝は朝からブレーキのケーブル交換のために、ライナー探しからスタートです。

ただ、どこにも売っていない。。。

あまりに無いので、ホームセンターも3軒あたりましたが無い。

しかも某ホームセンターのプロにも売ってないので、これはもうダメかとあきらめかけたその時!

 

f:id:codyrun:20210516222907j:image

 

いつも困ったら駆け込むお店。ライドワークスさんへダメ元で行ってみると。


f:id:codyrun:20210516222911j:image

 

あった!!!!!

神!!!!!

計り売りをしてくれました。

しかも2メートル買って値段は税込77円!!!!!

聞き間違えかと思いました。ロードバイクのパーツとは思えない、価格!

神!!!!!

これで作業が進みます。


f:id:codyrun:20210516222856j:image

 

帰ってきて、ケーブルに先ほどのライナーを上から通していきます。


f:id:codyrun:20210516222920j:image

 

こんな感じで前から出てきます。


f:id:codyrun:20210516222917j:image

 

貫通。

これで、フレーム内でケーブルが迷子になりません!


f:id:codyrun:20210516222904j:image

 

ここに新しいケーブルを投入です。

 

f:id:codyrun:20210516223757j:image

 

中身はこんな感じ。


f:id:codyrun:20210516222901j:image

 

ライナーのおかげで、作業はものの10分もかからず完了です!

 

f:id:codyrun:20210516121630j:image

 

最後にチェーンにオイルを挿してオーバーホール完了です!!

一度組んだことがあるのと、必要箇所だけバラしたので、全然時間をかけずにできました。

これなら、お財布にも時間的にも全く無理が無いので、年に一度は、プチオーバーホールをしていきたいと思います。

(お店に頼んだら作業代だけで30,000円とかするので。その分ちゃんとしていてもちろんその価値はあると思いますが、お財布にきつい。)

 

なのですが・・・

ここから番外編。


f:id:codyrun:20210516231220j:image

 

ブラケットカバーが傷んできたので(これは前のフレームから載せ替えパーツのため)この際に交換しようと思ったのです。

 

f:id:codyrun:20210516224408j:image

 

新しいカバーを準備して、


f:id:codyrun:20210516224414j:image

 

ネットで方法を調べて、今となっては貴重なレジ袋を使って取り外します。


f:id:codyrun:20210516224405j:image

 

こうやって通して、袋ごと引き抜く。


f:id:codyrun:20210516224411j:image

 

引き抜く!!

 

f:id:codyrun:20210516225130j:image

 

引き抜くーーー!!!

全然引き抜けません。


f:id:codyrun:20210516224419j:image

 

最初の一つを引き抜こうと頑張っている間に、ラグビーが1試合終わってしまいました。

 

f:id:codyrun:20210516231938j:image

 

困った。。。

 

続く(と思う。諦めなければ。)

ランチヒルクライム(夙川から鷲林寺経由六甲山へ)

私の長かったゴールデンウィークもいよいよ終わりが近づいてきました。

今年は11連休もあったけど、コロナもあるので近場で過ごすGW。

 

ということで、今日は近場で六甲山に登ってきました。

 

f:id:codyrun:20210508193558j:image

 

六甲山ヒルクライムは、逆瀬川ルートが有名ですが、いつもの鷲林寺の坂を登りたいので、そちらを経由することに。

今日の鷲林寺の坂のタイムは18分6秒20。

先週の自己ベストを40秒以上更新です!

毎度登れば自己ベストの状態なので、まだまだ更新できそうです。

 

f:id:codyrun:20210508184611j:image

 

鷲林寺の坂を登ったのにはもう一つ理由があります。

TAOCA  Coffeeさんです。

ここでお昼ご飯にトーストとアイスコーヒーを買おうとこのコースを選んだのです!

 

f:id:codyrun:20210508194754j:image

 

これを持って、いざ六甲山へ!

気分はピクニックです。

 

六甲山には、ロードバイクでは一度登ったことがありますが、その時は、まだ坂が好きじゃなかった頃。

きつい坂に苦労しながら、足もつきながら息も絶えだえ登ったのに、帰りの下り坂で愛用のホイールを変形させてパーにしてしまった苦い思い出の山です。

 

f:id:codyrun:20210508184530j:image

 

今度は、坂も好きになったし、それなりに登れるようになってきたから大丈夫やろとか考えていましたが、やっぱ無理!

何度も休憩しながら登りました。


f:id:codyrun:20210508184542j:image

 

登頂成功!

苦しかったー。けど、昔と違うのは、それが楽しく感じるところ。

まだまだ坂に強くなって、もう少し楽に登れるようになりたいです。


f:id:codyrun:20210508184534j:image

 

お腹もペコペコなので早速お昼ご飯。

一軒茶屋の向かいに、トイレとベンチがあるので、そちらで買ってきたトーストとアイスコーヒーをいただきます。

 

f:id:codyrun:20210508184553j:image

 

アイスコーヒーの氷は溶けちゃって、トーストは冷めちゃっていますが、美味い!!

どちらも美味すぎる!!

山を登って、自然の中で食べるご飯は格別です。


f:id:codyrun:20210508184624j:image

 

そこから、山頂まで300メートルは自転車を押して登ります。


f:id:codyrun:20210508184550j:image

 

山頂に来てみて思い出したのですが、ここ、遠足とか家族とかで何度か来た気がする!

いや絶対何度も来てる!

前は、一軒茶屋までしか登らなかったので気がつきませんでした。

懐かしい気持ちになりました。


f:id:codyrun:20210508184538j:image

 

さて、問題は帰りの下り坂。

お気に入りのホイールをまた熱変形させるわけにはいきません。

次変形したらショックで立ち直れない。


f:id:codyrun:20210508184546j:image

 

所々止まって、リムに手を当てて温度を確かめながら、歩いたりゆっくり降りてきました。

 

今回登ってみて、まだまだ坂を登るにはレベルアップが必要と実感できました。

鷲林寺の坂も余裕が少し出てきたので、ちょくちょく六甲山を挟みながら坂を楽しんでいきたいと思います。

念願のアワイチ(自転車で淡路島一周)を走りきりました。

先日アワイチ(自転車で淡路島を一周)をしてきました。

 

f:id:codyrun:20210506232219j:image

 

ロードバイクをはじめて10年ほど。やっと念願が叶いました!!

 

実は、ロードバイクを始めて2年目の頃にアワイチに一度挑戦をしたことがあります。

でも、その時は数々の準備と実力不足により途中で断念。

「アワイチは、初心者でもできます」なんて言葉を鵜呑みにした初心者だった私は、大して準備もせず敢えなく撃沈したのでした。

 

今回はその頃より実力はついたし、ロングライドの経験数もそれなりに。

それでもそのリタイアの経験があるからこそ毎度の万全の準備で臨みました。

 

今回の計画

起床 4:30(朝食)

出発 5:15

東浦バスターミナル駐車場着 6:00(2回目の朝食)

アワイチスタート 6:30

以下通過目標

洲本市内 8:30

道の駅うずしお 12:30(ここらへんで昼食)

ゴール 16:30

 

持ち物

・ウィンドブレーカー

・マップ

 f:id:codyrun:20210507004433j:image

スマホ

・現金 15,000円(いざとなった時のタクシー代含む)

・補給食 クリームパンとあんぱん(一袋に5つ入ってるやつ。飽きないように2種類。)

 

さて、それでは出発です。

朝早く出発するので、前日のうちに車に積んでおきます。

 

f:id:codyrun:20210506150722j:image

 

東浦バスターミナル駐車場には予定通り6時に到着。組み立てます。

この駐車場は、24時間500円で、岩屋からも近いので、スタート地点として便利です。

(アワイチの距離表示は岩屋起点が多い。)


f:id:codyrun:20210506150726j:image

 

スタートから洲本まではひたすら平坦な海岸線沿いを走ります。

まずはウォーミングアップにちょうど良いです。

ちなみにアワイチは、時計回りに進むのが一般的です。


f:id:codyrun:20210506151132j:image

 

7:45 洲本に到着。予定より45分早いです。順調。


f:id:codyrun:20210506150644j:image

f:id:codyrun:20210506151118j:image

 

この海岸の公園でひと休みです。

ここにトイレもあるので、そこを利用するのがおすすめです。

この先、福良港まで2時間ほどトイレを見つけられませんでした。

 

さて、洲本を抜けるとまた海岸線沿いを走って行くのですが、突如坂が姿を表します。

前回はこの度々現れる坂に心を折られてしまいましたが、今回は坂が大好きになった私、


f:id:codyrun:20210506150817j:image

 

この坂も


f:id:codyrun:20210506150820j:image

 

この坂も


f:id:codyrun:20210506150744j:image

 

この坂もこの後の坂もどれもこれも楽しく登れました。

今となっては大した坂では無いのですが、当時はかなりきつかった。

坂が好きになると、好きなロングライドがますます楽しみやすくなりました。

アワイチは南側に坂が集まっているので、初心者の人は要注意です。

 

f:id:codyrun:20210506150944j:image

 

福良港で休憩。ここで10:30です。

また出発するとすぐに坂が現れます。


f:id:codyrun:20210506151138j:image

 

ただ、やっぱり坂が楽しいんだこれが。

自分がこんな坂バカになるとは思いもしなかったですが、アワイチは坂があるから楽しいのです。

 

f:id:codyrun:20210506235839p:image

 

通りかかった方が私の写真を撮ってくださいました。

ぼかしてしまいましたが、最高の笑顔です。笑


f:id:codyrun:20210506150832j:image

 

11:00 道の駅うずしおに到着。

予定より1時間半早くつきました。

かなり良いペース。

フレームが変わってからこれまでは、スピードは出るものの、フレームにパワーを吸い取られてバテるような印象がありましたが、最近は身体が慣れてきました。

自分のパワーそのままにグングン進めています。

 

f:id:codyrun:20210506151100j:image

 

ここでお腹が空いてきたので、ハンガーノックになる前に、お店を探します。

(前回は補給食を持っていなかったことと、お腹が空いたのに走り続けたせいでハンガーノックになった。)

持って出発したあんぱんもクリームパンも尽きたので、道沿いで最初に見つけたお店に入ると決めて進みます。


f:id:codyrun:20210506151053j:image

 

最初に見つけたのが、ヤマザキショップ松谷さん。

パンかできればおにぎりあとドリンクでも買って出発するかと思って中に入ったらびっくり!

中は、まるみ食堂という定食屋さんになっていました。

 

地魚定食1,300円(値段は仕入れによって変わるそう)を注文して出てきたのがこちら。


f:id:codyrun:20210506151056j:image

 

イカのお刺身も美味しそうだし、ご飯おかわり自由だから何杯でもいけるわーて喜んでいたら

さらに


f:id:codyrun:20210506151128j:image

 

ハマチの南蛮漬けに


f:id:codyrun:20210506151108j:image

 

煮付け


f:id:codyrun:20210506151048j:image

 

あらの味噌汁まで出てきてびっくり!!

これで1,300円?!

めっちゃお得だし美味しかったです。

何よりお店の方々がとっても親切でした。

こういう良いお店との出会いは嬉しいな。

幸せで30分以上滞在してしまいました。

また家族で来たい。

 

そこからはほとんど平坦な海岸線。

途中トイレ休憩を挟みながらグングンと進みます。

本当は西側にはフォトジェニックなポイントが沢山あるのですが、坂が無いので目もくれず明石海峡大橋まできました。


f:id:codyrun:20210506151103j:image

 

岩屋で最後の休憩をして

 

f:id:codyrun:20210506151027j:image

 

無事ゴールです!

 

f:id:codyrun:20210506151115j:image

 

時間は、15:40。

予定より50分早いですが、後半40分失いました。

その点はまだまだということかな。

それでも、150キロをおよそ9時間というのは自分ではかなり早いペース。

坂道走力の向上のおかげかなと思います。

 

帰りは近くに温泉もあって入りたかったのですが、コロナもあるし、道が混むと嫌なので、そそくさと帰ることに。


f:id:codyrun:20210506151111j:image

 

ゴールして食べたあんぱんがむっちゃくちゃ美味しかった。

高級あんぱんの名に違わぬ美味さでした。(元から美味しいけどね)

 

途中のトラブルは、チェーンが1回外れたのみ。

それも大したトラブルでは無いので、ほとんど順調なロングライドになりました。

 

f:id:codyrun:20210507003256j:image

 

次の目標は、ビワイチ(琵琶湖一周)かな。

1日200キロは未知の距離なので、楽しみです。

バーテープを交換ライド 途中雨宿り

今日は、昼から雷雨の予報。

でも、降らなさそうな降りそうな、降らなさそうな空。

雨雲レーダーにも近くに雨雲はない。

ということで、意を決して漕ぎ出しました。

 

目指すは、神戸元町のy'sロードさん。

バーテープが完全に剥げてきたので、巻き直しです。

 

f:id:codyrun:20210501195601j:image

(剥げたバーテープ。先日の鷲林寺にて。坂を登る時に持つところが完全に剥げてるので、余程もがいているのかもしれない。。。)

 

さて、お店に着くまで天気もしっかりもちました。

「やっぱり降らないじゃないか」なんて思いながらバーテープをお買い物。

お店で巻いてもらうことにしたのと、最近変速が上手くはまらない(もたつく?)ので、この機会に調整をお願いすることにしました。

そしてお店から出てきたらびっくりするくらい土砂降りです。

 

f:id:codyrun:20210501152325j:image

 

やっぱり降ったかあ。

仕方がないので、隣のスタバで雨宿り。

巻いてもらったばかりのバーテープを雨で濡らしたくないですもん。

 

f:id:codyrun:20210501152405j:image

 

ご飯もまだだったので、ちょうどお昼ご飯をしながら雨が上がるのを待ちます。

 

f:id:codyrun:20210501191210j:image
f:id:codyrun:20210501191214j:image

 

1時間ほどで雨が上がったので、再出発。帰路につきます。


f:id:codyrun:20210501191221j:image

 

新しくなったバーテープは、グリップがしっかり戻って、握りやすくなりました。

今回もリザードスキン2.5mm。

滑らないし、分厚めなので手に優しいし、これが一番私の手に馴染みます。


f:id:codyrun:20210501191217j:image

 

このゴールデンウィークは雨が多い予報なので、雨の隙間を見ながら乗りたいと思います。

 

今日の走行距離36キロ。

坂無し。

次は登りたいなあ。


f:id:codyrun:20210501191207j:image

坂道を経由するサンドイッチおつかいライド ルマン宝塚南口店

ゴールデンウィーク(しかも11連休。。。)というのに、コロナもあるので予定なし。

と悲しんでいたところ、妻がおつかいの予定を作ってくれました!

宝塚のお気に入りのサンドイッチのお店、ルマンさんへお買い物です!!

 

f:id:codyrun:20210430104707j:image

 

家から自転車でまっすぐ向かえば、30分もかかりませんが、そうすると坂が無いので、いつもの夙川から鷲林寺の坂を経由して宝塚へ向かうことに(+30分)。

 

最近、登り坂が本当に好きなのです。

 

今日は18分48秒31でした。自己新記録!

最後余裕があったので、まだまだ更新できそうです!

やっぱり楽しい!!

 

お店には、予約よりも30分早く着いてしまいましたが、もう出来上がっていたので、買って家路につきます。

 

帰りに、コーヒーのスタンプラリーで気になっていたKingly Coffeeさんが近くにあることを思い出し寄りました。


f:id:codyrun:20210430104700j:image

 

今回はテイクアウトしましたが、コロナが収まったら、店内も良い雰囲気でした。


f:id:codyrun:20210430104657j:image

 

帰り道のベンチで持ってきていたメロンパンとコーヒーでひと休み。

最近は、神戸のメロンパン(特にコープのメロンパンが好き)をボトルケージに収めて持っていくのがマイブーム。

 

f:id:codyrun:20210430113121j:image

f:id:codyrun:20210430113322j:image

(過去の画像ですが参考)

 

さて、家に帰ったら、買ってきたサンドイッチでランチです。

 

f:id:codyrun:20210430150343j:image

 

お気に入りのエッグと季節限定のストロベリーです!


f:id:codyrun:20210430150348j:image

 

ストロベリーは、4月30日までなので、今年もギリギリ食べられました。


f:id:codyrun:20210430150336j:image
f:id:codyrun:20210430150339j:image

 

今日は、本来なら息子のはじめての親子遠足の予定だったのですが、コロナで中止に。

天気も絶好の遠足日和だったのに残念。

来年のゴールデンウィークは、コロナが収まってますように。

メロンパンライド 今日も鷲林寺へ坂を登る

今朝も少し早く起きて、山登り。

以前までは坂を登るのが苦手で嫌いだったけど、最近は坂が楽しくて仕方がないです。

坂を登るだけですが、意外と奥深いです。

 

f:id:codyrun:20210418100352j:image

 

ということで、今日も行き先を迷うことなく鷲林寺へ。

まだ全然速くは登れないけど、半年ほど坂に挑み続けているうちにコツを掴めてきました。

「呼吸」が大事なのではと感じています。

今までは、ギアを軽くして高ケイデンスで勢いよく坂に挑んでいました(これがヒルクライムのコツだと何かで読んだ)。しかし、そうすると私の場合、すぐに息があがり、脚もきつくなり、ギアを使い果たして結局脚をついてそこから歩くことになっていたのです。

この登り方は私には向かないのか、レベルが足りていないのかもしれないです。

坂はトルクがかかり続けるので(惰性で進むこともないし)、私の場合、100mダッシュをし続けているような感じになっていたのだと思います。

 

これでは、長い坂は無理。

 

そこで、マラソンを始めたときに学んだように、呼吸を整えながら(呼吸を上げると心拍も上がるらしい)、ジョギングのつもりで軽い気持ちで登ることにしました。

 

ギアは、無理のない範囲でやや重めで(じゃないと、私はクルクル回しちゃいます。)クランクをゆっくり回しながら、ノシノシ、ノシノシ、ノシノシと坂を登っていくのです。

心の中で常に「ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり」とつぶやくことも効果的。

 

すると、息が全然苦しくないので、(脚のダメージも意外と少ない)今まで苦手だった坂がちゃんと脚をつかずに登れるようになりました。

 

一度これが出来て、何回か脚をつかずに登れることを繰り返すうちに、坂への苦手意識が無くなって、今では坂が大好きに。

今でも得意では無いですが、私はレースに出る訳でもないので、楽しければそれで良いのです。

 

私は特にロングライドをすることが多いので、国内ならどこにいっても坂は必ず登らなければならない宿命にあります。

そうした面でも、坂の苦手意識を克服できたことは大きいです!

 

さて、ということで今日はボトルケージにメロンパンをセットして坂を登りました。


f:id:codyrun:20210418095325j:image

 

坂を登った先に楽しみを用意するのも大事な心がけ。


f:id:codyrun:20210418100349j:image

 

立派な鯉のぼりを眺めながら、甲山森林公園へ。


f:id:codyrun:20210418095322j:image

 

ここで、メロンパンを食べる計画でした。

飲み物を持ってくるのを忘れちゃいました。

途中でコーヒーを買って登るつもりが、頭が坂でいっぱいですっかり忘れていました。

まあ、途中で水を飲まなくても坂を登れるようになったことも成長の一つです。

 

ということで、坂を降りてコーヒーを買いに。


f:id:codyrun:20210418100346j:image

 

今日は、としはる珈琲さんへ。

とっても親切でいいお店でした!!

朝も8時から開いているので、今度はモーニングを食べにきたいです。


f:id:codyrun:20210418095316j:image

 

これでやっと朝食が揃いました。

ここから夙川公園に行っても良いのですが、次の予定もあるので、自宅でいただくことに。


f:id:codyrun:20210418104030j:image

 

無駄にメロンパンを輸送したライドになりましたが、楽しかったからよいです。

コーヒーも美味しかった。

缶切りで黒ラベルの生ジョッキ缶を作ってみた。(自分の中では成功)

先日、巷で話題の生ジャッキ缶を買って飲んでみました。

 

f:id:codyrun:20210416224314j:image

 

冷蔵庫でキンキンに冷えたので、テーブルで少しおいておいて

f:id:codyrun:20210416211551j:image

 

おおー!!

面白い!!そして美味しい・・・気がする!

花見とかバーベキューとか、友人が沢山のところで飲んだらもっと楽しいし美味しいのになあ。

コロナで叶いませんが。

 

と、そこで思ったのが、普段飲んでいる黒ラベルも缶切りであければ、生ジョッキ缶になるのでは?!と。

 

f:id:codyrun:20210416212620j:image

 

ということで、やってみます。


f:id:codyrun:20210416212608j:image

 

ジョキジョキジョキと意気揚々と開けていたら、何故かテーブルにビールが溢れてきた!


f:id:codyrun:20210416212551j:image

 

缶が柔らかすぎて、意図せぬところに穴を開けてしまいました。


f:id:codyrun:20210416212559j:image

 

それでも切り進めていきます。

 

f:id:codyrun:20210416212603j:image

 

開いた!!

 

f:id:codyrun:20210417010816j:image

 

ただ切り取った蓋を取ろうとして中に落としちゃいました。まあ気にせずそのままにしておきます。

 

そして、泡が出ない。。。

失敗か。。。

でも、諦めません。

生ジョッキ缶と同じく、缶を手で温めてみます。


f:id:codyrun:20210416212624j:image

 

すると。。。


f:id:codyrun:20210416212548j:image

 

おっ!


f:id:codyrun:20210416212629j:image

 

おおっ!!

 


f:id:codyrun:20210416212612j:image

 

おおおおおおお!!


f:id:codyrun:20210416212616j:image

 

生ジョッキ缶になったではないですか!!!!!


f:id:codyrun:20210416212554j:image

 

泡も美味しい!!!!!

しかも、やっぱり黒ラベルが好きなので、これがいい!!

意外な発見でした。

これで我が家では明日からも生ジョッキ缶が飲めます。

 

 

(以下追記)

友人から飲み口の安全性を聞かれました。

確かにごもっとも、飲んでて口を切ったりでもしたら宴が台無しです。

 

f:id:codyrun:20210417005511j:image

 

一応こんな感じで普通に飲む分には安全ですが、それでも安全にはお気をつけください!

 

そしてもう一つ、これってもしかしたら、缶切りで開けなくても、缶を手で温めるだけで済むのではと思って試してみました。

 

f:id:codyrun:20210417005801j:image

 

缶を冷蔵庫から出してしばらく置いて、開けたら手で温めます。

 

f:id:codyrun:20210417010018j:image

 

ん?

 

f:id:codyrun:20210417010031j:image

 

んん?

全然泡が出ない。。。

これはどういうこと?

 

謎が増えました。

 

f:id:codyrun:20210417010115j:image