らんぽた 趣味のえとせとら run , pottering and so on

マラソンとロードバイクscott foilでのお出かけ記録を中心に、趣味や旅行、食べ歩きなどを書いています。

相棒 SCOTT Foil インプレッションレビュー(前編)

私の相棒は2015年版のSCOTT FOIL TEAM ISSUEです。

フレームを買ってもう4年が経ってしまったのですが、遅ればせながらのインプレです。

 

まず、このバイクを買う前は、Raleigh CRE Carlton-E というバイクでした。

f:id:codyrun:20180423224914j:image

会社の関係で、サンフランシスコに滞在してた際、皆が乗るロードバイク というものに魅せられて、「自分も乗りたい!!」と思ったのがきっかけです。

実際、サンフランシスコは、坂が多いので、ロードバイク が主流なのです。

私がサンフランシスコにいた2012年当時は、円高(1ドル=80円程)だったので、今思えば現地で買うのがかなり安かったのですが、知識が全く無かった私には、アメリカの店員さんの説明もピンとこず、日本に帰ってからすぐにロードバイクを扱うお店に駆け込んだのでした。

 

そのお店は、シルベストサイクル梅田店です。

とっても親切で、初心者の私にかなり丁寧に教えてくださったので、無事ロードバイク デビューを果たしたのでした。

 

その時勧められたのは、他のアルミバイクだったのですが私の「予算内で出来るだけハイスペックに(こういうところに関西人が出てしまいます。)」という願いを延々と訴えた所、このRaleighが一番お得だということで、勧めてもらいました。

 

このRaleighは、カーボンな上に、105がついて15万円程という、まさに要望通りのスペックで、大変満足でした。

実際、初心者の私には、申し分ないスペックでした。

 

しかし、ホイールをFulcrum - Racing 3 に替え、ハンドルをチネリのカーボンハンドル 「ネオモルフェ」に替え、105をアルテグラ6800に替え、サドルをSELLE SMPに替えるうちに、知識もいっぱいついてきて、フレームが気になって仕方なかったのです。

 

Raleighを買って2年後に大きな決断をする時が来ました。なんと、当時skyチームによって無敵だった、そして何よりもイタリア的でカッコよかったクネクネしたONDA フォークのピナレロ ドグマのフレームが、しかも、私にピッタリすぎるサイズが、前述のシルベストサイクルで半額で売っていたのです。

 

その額30万ほど!!迷わずキープしてもらって家に帰ったのですが、流石に当時まだ入社して数年の私には30万はキツかった。

しかも、ドグマを買ったら、レーシング3も、アルテグラも陳腐に見えてしまうこと折り紙つきな訳です。カスタム地獄に陥るのは目に見えていたので、後ろ髪をひかれる思いで、諦めました。

 

そして、それからは来る日も来る日もフレーム探しが始まった訳です。

ミッションは、20万ほどで、ドグマ程でなくても乗り換える価値のあるフレーム。そして、価格以上の価値あるフレーム。

 

まず第一候補になったのは、ラピエール史上最強のエアロロードバイク AIRCODE2015年モデルです。なんせこのバイクは前モデルを試乗したことがあり、ものすごくいい印象だったのです。しかも、その時同時にドグマも試乗してたのですが、断然エアコードの方が自分には合っていました。

しかし、困ったことに欲しいFDJモデルが、関西の取り扱い店舗のどこに電話をかけても取り扱いが無いのです。違うカラーなら気持ちが乗らないということで、他を探すことに。

 

そこで、関西で一番安いと噂のウエムラサイクルパーツに向かった訳です。

そこで出会ったのが今の相棒、scott foilです。

 

当時ブームになりつつあった、エアロロード。

しかも価格も20万円程とぴったし願いにかなったので、彼に決めました。

 

ここまでのくだりで長くなってしまったので、乗った印象については、次に続きます。

 

今回もありがとうございます。

 

 

codyrun.hatenablog.com