らんぽた 趣味のえとせとら run , pottering and so on

ロードバイクscott foilとマラソンでのお出かけ記録を中心に、趣味や旅行、食べ歩きなどを書いています。

六甲山へヒルクライムに行ってきました(逆瀬川ルート マップ付き)

先週末は、いつもより早めに起きてロードバイクに乗ってきました。

 

行き先は、六甲山。

このブログ始まって初めてのヒルクライムです!!

というのも、私は坂道が嫌いではないですが、あまり得意ではないのです。なので、普段はなかなかヒルクライムに出かける気にはなりません。

それが連日のツール・ド・フランスを観ていたら(30分のダイジェストですが)、自分も山を高速で駆け上がれる錯覚に陥り、猛烈に山を登りたくなってしまったのです。

 

そこで、朝食までの間にサクッと登ってくることに。

 

ルートは、逆瀬川ルートです。

六甲山ヒルクライムには、この逆瀬川ルートの他にもいくつかルートがあるようですが、交通量が比較的少なく、勾配も適当、また自宅からも登りやすそうなので、今回はこちらにしました。

ルートの詳細はこちらをご覧ください。

 

drive.google.com

 

西宮北口駅を北に出てすぐのアクタ前から出発です。

まずは、中津浜線で北上します。

そのうち、自転車専用レーンが出てきます。

割と広めのレーンなので、走りやすいです。

 

f:id:codyrun:20180722103628j:image

 

伊子志(いそし)1丁目の交差点を左折します。

目印はモスバーガーです。


f:id:codyrun:20180722103624j:image

 

そこから阪急逆瀬川駅のあたりで、ロードバイクにまたがった人がチラホラ出てきます。

ここからがヒルクライムの始まりです。

まずは、川沿いに徐々に登っていきます。

 

始まってすぐに、続々と下って来る人たちとすれ違います。

皆さん、何時から登っているのでしょうか。

気持ちのいい笑顔で挨拶をして下さいます。

 

さて、私も気持ちを入れて頑張ります!!

(ここから先は、あまりにも過酷な戦いで、写真はゴールまでありません。お察しください。)

 

勾配は10%〜13%というなかなかのものです。

しかし、数字以上にさらにきつく見えます。

勾配が適当という前情報は何だったのか。

私にとっては全然適当じゃないです。

唯一の救いは、車が少ないことです。

前評判どおり、車は多くなく、特に有料道路との分かれ道を越えると、ほとんど車は走りません。

山だから涼しいだろうと思っていたのに、暑いです。

表示は27度ですが、絶対30度を超えていると思います。笑

次々と後ろから抜かされていきますが、皆さんもしんどそうに登っていきます。

 

そんな中、黄色いマイヨジョーヌジャージを着た人が登って行くではないですか!!

同じジャージを持っているというだけの親近感ですが、この時ばかりは、頑張ってついていこうとします。

無念。

やはり、チャンピオンは格が違います。

私は黄色いジャージを着てこなくてよかったと安堵しました。笑

 

この先は、また1人。

根性で脚をつかずに頑張ります。

 

しかしそこからは、お腹が空いた事ばかりが気になります。

この山、全然朝飯前には登れません。

帰りたくなる気持ちを抑えつつ、そんな時に思い出したのは、先日の日経新聞の春秋に書いてあったこのフレーズ。

「諦めないことは勝つことより難しい」

何度も口ずさんで頑張ったけど、諦めないことが、こんなに難しいとは。

無理でした。

残り3キロを残して脚をつきます。

でも、記事の文意とは違うかもしれませんが、このフレーズは何日か遅れて私の心に響きました。

 

木陰で水を飲みながら休憩していると、上からも下からもクライマーです。

こんなに沢山の人が登っているなんて知りませんでした。

 

そこからは、なんとかかんとか登り切りましたが、めっちゃしんどい!!

でも、気持ちいい!!


f:id:codyrun:20180722103611j:image

 

諦めずに登って良かった。

疲れすぎて、頂上から景色が見えたのかどうかすら覚えていません。この写真の反対側には神戸の絶景があったのかもしれません。

でも、景色を確かめに行く体力と気力は当分回復しそうにありません。

もうしばらくはヒルクライムは、遠慮しておきます。笑

 

山に登りたくなったらオススメのルートだと思います。


f:id:codyrun:20180722103614j:image